学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会プログラム

日本音楽集団(和楽器オーケストラ)|学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会

日本音楽集団(和楽器オーケストラ)

日本音楽集団は、日本唯一の「和楽器オーケストラ」であり、編成は曲によって変わるが、もっとも大きな規模になると、笛、笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、尺八、胡弓(こきゅう)、三味線、琵琶、箏(そう)、太鼓などの打楽器および指揮者からなる。

国内での活躍はもとより、日本以外の団体・演奏家との共演や公演も多く(下記「沿革」参照)、海外でも高い評価を受け、様々な音楽賞・文化賞(下記「受賞歴」参照)を受賞。日本音楽集団が奏でる雅楽(ががく)は、学校芸術鑑賞会のほか、様々な記念行事などにも最適です。

 

プログラム〈Aタイプ〉(笛、尺八、三味線、琵琶、箏(そう)、十七絃、打楽器)

1.子供のための組曲(抜粋)
 一章 軽やかにのびのびと
 三章 遊戯唄風におどけて
 五章 激しく律動的に

2.古典の世界一楽器紹介を兼ねて
(1)鹿の遠音(尺八本曲)
(2)六段の調(箏曲/八橋検校)
(3)平家物語から(琵琶語り物)
(4)鏡獅子(かがみじし)から〈大薩摩〉と〈狂い五段〉
   (歌舞伎囃子(かぶきばやし)/三味線・太鼓・笛)

3.日本旋律集
どこかで一度は聴いたことがある懐かしい日本のメロディーが、日本の楽器の演奏で水を得た魚のように生き生きと呼吸を始めます。
※別に、「日本のうた・世界のうた」と題して、外国のメロディーを数曲上演することもできます。

4.〈四季〉ダンス・コンセルタントⅠ(抜粋)
            三木 稔 作曲
 踊る春 水巡る エピローグ

通常、6名編成からとなります。〕 

 

日本音楽集団の沿革

1981年
ライブチッヒ・ゲヴァントハウス・オーケストラ200年祭で同オーケストラとの共演により三木稔作曲「急の曲」を世界初演。
1982~86年
中国中央民族楽団と合同演奏(83年、北京)、スーパー歌舞伎・市川猿之助「ヤマトタケル」の音楽を担当(作曲・長沢勝俊)。
1994年
創立30周年。10月、ニューヨーク・フィル定期で同オーケストラと三木稔作曲「急の曲」を共演(指揮クルト・マズア、第21次海外公演)。
1995~98年
スカイパーフェクトTV「伝統文化放送」にレギュラー出演。
1996年
第22次海外公演 韓国
1998年
第23次海外公演 中近東
1999年
第24次海外公演 アメリカ
2001年
第25次海外公演で「プラハの春音楽祭」他に出演。
2004年
創立40周年記念コンサート
2006年
新しい音を探るVol.3公演
コンポーザーズ・プロジェクトシリーズⅢ 森光氏からのメッセージ公演

 

日本音楽集団の主な受賞歴

1967年
芸術祭奨励賞
1970年
芸術祭大賞
1971年
芸術祭優秀賞
1978年
第2回 音楽之友社賞
レミー・マタン音楽賞
1988年
松尾芸能賞特別賞
1990年
モービル音楽賞

日本音楽集団による公演のようす

日本音楽集団 公演のようす 

 

【ジャンル】
和楽器オーケストラ
【公演特色】
誰にでも親しめる新しい邦楽
【最適学生】
小学校向け学校芸術鑑賞会・音楽教室中学校向け学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会高等学校向け学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会一般向け学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会
【公演時間】
約40〜90分
学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会企画プログラム資料請求・お問合わせフォーム お電話 0235-24-2500・FAX 0235-24-2700

「学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会」プログラム一覧

JOY-S|学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会企画プログラム

1.JOY-S

デジタルパフォーマンス・コンサート|学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会企画プログラム

2.デジタルパフォーマンス

ゴスペルグループ|学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会企画プログラム

3.ゴスペルグループ

竹鼓舌(竹楽器での演奏)|学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会企画プログラム

4.竹鼓舌(竹楽器での演奏)

薗田憲一とデキシーキングス(デキシーランドジャズ)|学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会企画プログラム

5.薗田憲一とデキシーキングス(ジャズ)

UN.a|学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会企画プログラム

6.UN.a

ジャズコンサート|学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会企画プログラム

7.ジャズコンサート

Woods(マリンバ&打楽器コンサート)|学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会企画プログラム

8.Woods(マリンバ&打楽器コンサート)

日本音楽集団(和楽器オーケストラ)|学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会企画プログラム

9.日本音楽集団(和楽器オーケストラ)

高橋竹童(津軽三味線)|学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会企画プログラム

10.高橋竹童(津軽三味線)

気になる「学校芸術鑑賞会」企画・プログラムがひとつでも有りましたら、お気軽にお問合わせください。丁寧にきめ細かく応対いたします。(電話0235-24-2500)

※スケジュール調整には時間を要する場合がありあます。また、人気の企画・公演などにつきましては、どうしてもお申し込みの早い方が優先されます。余裕をもってお早めにお問合わせくださいますようお願いいたします。