学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会プログラム

竹鼓舌(竹楽器での演奏)|学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会

竹鼓舌(竹楽器での演奏)

「竹の吟遊詩人」と称される竹鼓舌(ちこたん)は、竹の響きに魅せられた若手音楽家が集まり結成されたグループで、新聞・雑誌などに何度も取り上げられるなど話題性も多い。また、リーダーの金子健治氏は、NHK教育テレビ「トゥトゥ・アンサンブル」・「歌えリコーダー」にレギュラー出演し、福山雅治など多くのミュージシャンのCDにも参加している。

竹鼓舌は、竹の素材を生かした25種類もの楽器(管楽器、弦楽器、打楽器など)を自ら製作し演奏。素朴で温かみのある音色が日本人のどこか忘れていた懐かしくもやさしい、そんな心を思い出させてくれます。

 

曲目例

  • 大地の舞
  • 花祭
  • 八木節
  • チャルタッシュ
  • ラ パンパ
  • コンドルは飛んで行く etc

 

金子健治プロフィール

金子健治氏

リコーダーを上杉紅童、花岡和生の両氏に師事。 また、古楽の公開講座に於いて、K. オッテン、W. フォン・ハウヴェ、H. M. クナイスの各氏にレッスンを受ける。

1982年、83年、全日本リコーダーコンクール・アンサンブル部門に於いて最優秀賞受賞。 "東京リコーダーコンソート"、"コンソート・リコルド"のメンバーとしてNHK教育テレビ「ふえはうたう」、「ゆかいなコンサート」、「歌ってゴー」等に出演。また、全国各地のコンサート、レコーディング、海外の国際音楽祭等に参加する。

1985年"東京リコーダーオーケストラ"を結成、指揮者と なり、 CD『リコーダー合奏の魅力』、『セビーリャ』、『トッカータとフーガニ短調』をリリース。 音楽雑誌、新聞、FMラジオ等で紹介される。また、国立社会教育実践センターにて特別文化講座のレクチャーコンサートを担当する。2003年、台北・国家音楽庁"東京リコーダーオーケストラ台湾公演"、2006年、ソウル・「芸術の殿堂ホール」にて"梁邦彦&東京リコーダーオーケス トラ・クリスマスコンサート"を指揮し、好評を博す。

1999年4月よりNHK教育テレビ「トゥトゥ・アンサンブル」に、また2000年4月より2003年3月まで NHK 教育テレビ「歌えリコーダー」にレギュ ラー出演する。

現在、"東京リコーダーオーケストラ"指揮者、"東京ブロックフ レーテ・アンサンブル"、手作り竹楽器の音楽隊"竹鼓舌(ちこたん)"を主宰。東邦音楽大学非常勤講師。 教材、ビデオ・CDの制作、教科書の執筆や梁邦彦、福山雅治等多くのミュージシャンのCDに参加している。

金子健治氏のホームページより転載) 

 

【ジャンル】
竹楽器
【公演特色】
素朴で温かみのある音色で人気
【最適学生】
小学校向け学校芸術鑑賞会・音楽教室中学校向け学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会高等学校向け学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会一般向け学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会
【公演時間】
約40〜90分
学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会企画プログラム資料請求・お問合わせフォーム お電話 0235-24-2500・FAX 0235-24-2700

「学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会」プログラム一覧

JOY-S|学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会企画プログラム

1.JOY-S

デジタルパフォーマンス・コンサート|学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会企画プログラム

2.デジタルパフォーマンス

ゴスペルグループ|学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会企画プログラム

3.ゴスペルグループ

竹鼓舌(竹楽器での演奏)|学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会企画プログラム

4.竹鼓舌(竹楽器での演奏)

薗田憲一とデキシーキングス(デキシーランドジャズ)|学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会企画プログラム

5.薗田憲一とデキシーキングス(ジャズ)

UN.a|学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会企画プログラム

6.UN.a

ジャズコンサート|学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会企画プログラム

7.ジャズコンサート

Woods(マリンバ&打楽器コンサート)|学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会企画プログラム

8.Woods(マリンバ&打楽器コンサート)

日本音楽集団(和楽器オーケストラ)|学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会企画プログラム

9.日本音楽集団(和楽器オーケストラ)

高橋竹童(津軽三味線)|学校芸術鑑賞会・音楽鑑賞会企画プログラム

10.高橋竹童(津軽三味線)

気になる「学校芸術鑑賞会」企画・プログラムがひとつでも有りましたら、お気軽にお問合わせください。丁寧にきめ細かく応対いたします。(電話0235-24-2500)

※スケジュール調整には時間を要する場合がありあます。また、人気の企画・公演などにつきましては、どうしてもお申し込みの早い方が優先されます。余裕をもってお早めにお問合わせくださいますようお願いいたします。